ヒトとコトと

商品に携わる人と想い、伝えます。

遺伝子組換え原料不使用、トランス脂肪酸にも配慮したコーンマーガリンあれこれ、ちょっと気になっていました。

「食べること」への関心は、時代の流れで変化します。コープでは、その時代に見合った組合員さんの「あったらいいな」という声に寄り添い、新しい商品を開発するだけでなく、既存商品の見直しや変更を行ってきました。「CO・OPコーンマーガリン(遺伝子組換え原料不使用)」は、遺伝子組換え作物への不安やトランス脂肪酸を心配する、組合員さんたちの声から生まれた商品です。

「どこかにないかな?」をカタチに

コープのコーンソフト100マーガリンシリーズが最初に誕生したのは、1985年のことでした。そして、2016年9月に「CO・OPコーンマーガリン(遺伝子組換え原料不使用)」が発売になるまで、組合員さんの声に寄り添いながら商品の見直しが行われてきました。

1996年、世界の農業大国で遺伝子組換え作物の商業栽培が始まると、世間では加工食品に対する不安の声がわき上がり、消費者運動へと発展しました。その結果、日本では2001年から遺伝子組換え食品の表示が義務化。すると、組合員さんからも「遺伝子組換え原料不使用の商品がほしい」という声が聞かれるようになりました。そこで、2002年に誕生したのが、遺伝子組換え原料を含まないコーン油100%のマーガリンです。

その後、マーガリンなど植物性の加工油脂に含まれるトランス脂肪酸の摂り過ぎが心臓病などのリスクを高めるとして話題に。2006年、アメリカでトランス脂肪酸含有量の食品表示が義務化されました。日本でもマスコミなどでトランス脂肪酸を取り上げる機会が増えると、組合員さんからはマーガリンへの不安の声が届くようになりました。

そこで、コープでは商品の見直しを実施。コーン油の使用割合を70%にし、残りの30%に、ヤシの実由来のパーム油を配合することで、遺伝子組換え原料は不使用のまま、トランス脂肪酸を低減することができました。こうして、時代によって変化する組合員さんの「あったらいいな」に向き合いながら、「CO・OPコーンマーガリン(遺伝子組換え原料不使用)」が生まれました。

※現在のところ、パーム油については、遺伝子組換えのものは流通していません。

朝から晩まで使えるね。

「CO・OPコーンマーガリン(遺伝子組換え原料不使用)」は、なめらかな口あたりととうもろこしのコクを感じられる風味が特徴です。
トーストにさらりと塗ってすぐに食べられるから、忙しい朝の食卓で大助かり。
さらにコクがあるのにさっぱりとしているコーンマーガリンの味わいを生かして、パンだけでなく、ハンバーグやステーキの上にひとさじのせたり、アスパラベーコン炒めの風味づけに、とさまざまな料理に活躍します。