ヒトとコトと

商品に携わる人と想い、伝えます。

“持続可能な漁業”を応援する「塩紅鮭(中辛口)」。この先も、鮭を食べたいから私が選ぶのは“海のエコラベル”付き。“持続可能な漁業”を応援する「塩紅鮭(中辛口)」。この先も、鮭を食べたいから私が選ぶのは“海のエコラベル”付き。

“海のエコラベル”と呼ばれる認証マークのついた商品を知っていますか。海の環境に配慮し、持続可能な漁業による水産品にのみ与えられる“海のエコラベル”。選ぶことで海の資源を守ることにつながります。
「塩紅鮭(中辛口)」は、“海のエコラベル”がついた商品。アラスカの海で獲れた天然の紅鮭を、ごはんがすすむ中辛の塩加減で漬け込みました。

この塩加減、ごはんがすすむわ。

和食党の朝ごはんに欠かせないのが、炊きたてのごはんにおみそ汁、そして焼き魚。これさえそろえば、朝の腹ごしらえは完璧です。「塩紅鮭(中辛口)」は、アラスカ産の天然紅鮭を中辛の塩加減に漬け込んだ切り身。香ばしく焼き上げれば、白いごはんがどんどんすすみます。また、ほぐしておにぎりの具にもぴったりの塩紅鮭です。

原材料に使用するのは、アラスカで漁獲された天然の紅鮭。身に適度な脂がのっていて、コクのあるうまみが特徴です。そんな紅鮭を中辛の塩加減に仕上げるため、製造工程にもこだわっています。鮮度を保持するため、漁獲後すぐに頭と内臓を取り除いて冷凍。加工所に運び込むと、水で解凍し中骨から半身にカット、丁寧に洗浄します。塩味を均一に仕上げるため、鮭の身に塩水を注入してから塩水に漬け込みます。3〜5度に温度管理されるチルド庫内で一晩から最大24時間熟成。塩と鮭が持つ酵素の力で熟成が進み、うまみが増します。その後、切り身に加工し、凍結保存してから組合員さんのもとへお届けします。
塩水に漬け込むだけでなく、鮭の身に直接塩水を注入するのは、切り身の端だけが塩辛くなったり、中心部の味が薄くなったりすることを防ぐため。焼いたときに身がパサパサせず、ジューシーに仕上がるという効果もあります。また、ディスプレイ用に発色をよくする酸化防止剤を使用していません。アラスカの海で獲れた天然紅鮭と塩だけで作られた切り身です。

水質保全に取り組む
“クリーン”なアラスカの海から。

製造を手がけるのは、アメリカに本社を置くトライデント・シーフード社。漁船、加工船から運搬船まで所有し、漁業、加工、販売を一貫して行っているため、漁獲した原料を最適な管理と加工で食卓まで届けることができます。トライデント・シーフード社の企業理念である「海の恵みを食卓へ」を安定して実現するために、環境に配慮した持続可能な漁業への取り組みが不可欠と考え、環境に配慮した漁業と高生産を先駆的に実践してきました。
「塩紅鮭(中辛口)」の原料となる紅鮭の漁場は、アラスカ州ブリストル湾。アラスカでは環境保全の観点から、1990年以降、養殖漁業を一切禁止しています。薬品を使用する魚の養殖は、海洋汚染の一因になると考えられているからです。また、アラスカでは州政府の水質管理専門チームによって、道路建設や下水処理、伐採などの開発に対しての規制をはじめ、海の水質を保持するために厳しい汚染防止規制が設けられています。このような多くの取り組みにより、アラスカの海は世界一クリーンだと言われるようになりました。水質の保全と同時に、鮭の漁期も6月中旬〜7月中旬に制限して資源の保護にも取り組んでいます。アラスカの紅鮭は、澄んだ海を自由に泳ぎ、自然界のものだけを食べて育っているのです。

目印は、“海のエコラベル”

「塩紅鮭(中辛口)」のパッケージには、“海のエコラベル”と呼ばれる「MSC認証」のマークが印刷されています。このマークは、イギリスのロンドンに本部を置く海洋管理協議会(MSC:Marine Stewardship Council)の厳正な環境規格に適合した漁業で獲られた水産物にのみ認められる証です。

“海のエコラベル” MSC認証マークとは

海の資源である「さかな」を枯渇させないよう、漁獲量、漁法、漁の時期、また生態系などに配慮した漁業で獲られた水産品にこのマークが付きます。

今、世界的に水産資源が減少しています。その主な原因は、魚の捕りすぎによるもの。この状況が進めば、水産資源は枯渇してしまいます。そこで、資源を枯渇させないための自主的な制限や枯渇した資源の回復など、将来にわたって持続可能な漁業への対策が叫ばれています。
MSCでは持続可能な漁業の普及に向け、環境に配慮した漁業には、「MSC漁業認証」を付与。さらに、加工・流通・小売の段階で非認証製品から区別するために加工流通管理認証(CoC:Chain-of-Custody)を行い、この2つを満たした水産品にのみ“海のエコラベル”「MSC認証」を与えています。

MSCの目的は、消費者の選ぶ力により世界の水産資源枯渇に歯止めをかけること。日本ではまだあまり知られていませんが、「MSC認証」は世界的な取り組みとして広がり、認知度が高まっています。
選んで、食べることで海の恵みに恩返しする、「MSC認証」はそのきっかけをくれる目印。“海のエコラベル”が付いた商品を選ぶことで、持続可能な漁業を応援できるのです。

MSC認証を取得した
コープデリの商品一例