ヒトとコトと

商品に携わる人と想い、伝えます。

米どころ秋田から届く「黒毛和牛お米育ち」。おいしいだけじゃないんだ、この黒毛和牛。米どころ秋田から届く「黒毛和牛お米育ち」。おいしいだけじゃないんだ、この黒毛和牛。

コープデリでは、田んぼの維持と食料自給力向上を目指して、飼料用米の活用に取り組んできました。(※)その流れの中で生まれたのが、「産直お米育ち豚」や「産直純和鶏お米育ち」、「CO・OP産直のはぐくむたまご赤玉」、「CO・OP産直稲穂のみのりたまご」です。そして、2015年から「黒毛和牛お米育ち」が加わりました。「黒毛和牛お米育ち」は、秋田県産の飼料用米を主に配合した飼料で育てられる秋田県の新ブランド牛「秋田牛」のお肉。食料自給力の向上へ独自に取り組んでいた秋田県とコープデリの想いがつながり、「黒毛和牛お米育ち」が誕生しました。

(※)輸入飼料で育つ畜産物は日本国内の食料自給にカウントされません。国内産のお米などを使用した国産飼料で育つ畜産物は国内の食料自給にカウントされます。

コープデリの飼料用米の取り組みについて
詳しくはこちらから

米どころ秋田で、
お米を食べて育った秋田牛。

「黒毛和牛お米育ち」は、血統の良い黒毛和牛にお米を与えて育てた秋田牛のお肉です。米どころ秋田では、県を挙げて食料自給力の向上に取り組んでいました。その一環として行われていたのが、県内産のお米を飼料に配合して新たなブランド牛「秋田牛」を育てること。秋田県では地元農家と連携し、農場から出る牛ふんを有機肥料に加工して、田んぼや畑に使用する循環型農畜産業にも取り組んでいます。

豊かな雪解け水が肥沃な水田をつくる秋田県。奥羽山脈に守られる大地は、冷害が少なく、昔からお米の生産が盛んでした。また、秋田県は東北六県の中で、もっとも食料自給率の高い県。(※1)お米の収穫量、作付面積ともに、新潟県、北海道に次いで全国第3位を誇っています。(※2)そんなお米づくりへの誇りと受け継がれてきた技術を大切にしようとする秋田県と、食料自給力の向上や環境配慮などへの想いが重なり、コープデリの「黒毛和牛お米育ち」が誕生しました。

(※1)農林水産省ホームページ「都道府県別食料自給率の推移(カロリーベース)」平成27年の数値(概算値)より
(※2)農林水産省ホームページ「水陸稲の作付面積及び収穫量」平成27年の数値より

快適な空間で
ゆったりと育っています。

「黒毛和牛お米育ち」の生産者グループのひとつである朝場グループでは、おいしい牛肉を組合員さんにお届けするために、さまざまな工夫をしています。森や田んぼなど豊かな緑に囲まれた静かな場所にある牛舎では、牛の頭数を制限してゆったりとしたスペースを確保。こまめに床を清掃して清潔に保ち、気温が高くなりすぎないよう扇風機を設置して風通しを良くするなど、牛にストレスをかけない環境を整えています。実は牛はとても繊細な動物。ちょっとした環境の変化にも敏感で、飼育環境による搾乳量や繁殖数、肉質への影響が多くの研究から証明されています。どんなに血統が良くても飼育環境が悪ければおいしい牛肉の生産はできません。

環境を整えるだけではなく、朝場グループでは与えるエサにも工夫があります。栄養を吸収しやすいよう、お米を粉砕し、熱を加えて飼料に加工。飼料に混ぜるお米は秋田県産だけを使っています。「秋田の自然や作物を生かして飼育できることは、地元で畜産を続けてきた私たちにとってうれしいこと。地元の農家さんと協力しながら自慢の牛を育てていきます」。朝場農場の朝場重明さんはこう言って胸を張ります。

上等な肉質とうまみは、
お米から。

「黒毛和牛お米育ち」になる秋田牛には、飼育期間約29カ月のうち出荷までの13〜16カ月にわたり、1頭あたり1カ月で10〜12kgの飼料用米を与えて育てています。年間にすると1頭が食べる飼料用米は120kg以上。サシ(霜降り)が高評価された遺伝子を受け継ぐ牛に飼料用米を与え、より味わい深いお肉を生み出しています。また、肉質の評価基準1〜5等級のうち、4等級以上を厳選。脂身はあっさりとしていて口どけが良く、やわらかでジューシーな味わいが特長です。

組合員さんの声

  • ・塩とコショウだけなのに、肉の味がしっかりしていておいしかった。
  • ・お米育ちの牛肉は、いやな臭みがなく、いつもおいしくいただいています。