ヒトとコトと

商品に携わる人と想い、伝えます。

引き算して見つけた、生乳83%の贅沢な味わい。待っていたのは、シンプル・イズ・ベストなヨーグルト。

今まで食卓に並んでいた小分けタイプのヨーグルトは、寒天やゼラチンで固めていたり、香料を加えているものが多くありました。
フルーツ入りやグラノーラ付きなど、魅力的なヨーグルトはたくさんあるけれど、健康や美容のために普段から食べるものだから、シンプルなものこそおいしくあってほしいもの。
「素材をいかしたおいしいヨーグルトが食べたいな」
そんな組合員さんの声に応えたいと、できるだけシンプルな原材料で特別な味わいを実現しました。

1995年、
「CO・OP北海道ヨーグルト」発売。
もっと素材をいかした
ヨーグルトにできませんか?

手頃な価格で気軽に食べられる発酵食品、ヨーグルト。近年は「乳酸菌」にも注目が集まり、ヨーグルトの味や種類、アレンジなど楽しみ方は広がるばかりです。
コープデリではこれまでさまざまなヨーグルトを取り扱って、特に人気があったのは、寒天やゼラチンなどの安定剤を使っていない、生乳80%の濃厚な味わいが楽しめる「CO・OP北海道ヨーグルト」(1995年発売)でした。

しかし、組合員さんからは「香料はなくてもいい」「もっと素材のおいしさをいかしたヨーグルトはできないかな」という声があがりました。そこで、香料を使用しない“自然なおいしさ”が感じられるヨーグルトを作ろうと、新商品の開発がスタートしました。

生乳83%にたどり着くまで。

開発にあたり、真っ先に行ったのは「CO・OP北海道ヨーグルト」から香料を抜いてみること。しかし、試食してみると味の薄さや物足りなさを感じる結果となりました。ただ香料を抜くだけではダメだと、0.5%刻みで生乳の量を増やしたり減らしたりしながら何度も味わいを確認。また、乳脂肪の比率も変えながらベストなバランスを探しました。試行錯誤のすえ、ヨーグルトの風味をしっかり感じられたのが「生乳83%」でした。
また、乳酸菌は、ヨーグルトの土台となりさわやかな風味を生み出す「ブルガリクス菌」と、なめらかな食感を作る「サーモフィルス菌」を使用。
原材料は、北海道産生乳、砂糖、脱脂粉乳、クリームだけ。シンプルな素材でありながら、北海道産生乳のおいしさがつまったまろやかでクリーミーな味わいとなりました。
こうして、2005年に香料も安定剤も使用しない“自然なおいしさ”の「CO・OP北海道生乳ヨーグルト」が誕生しました。

左)CO・OP北海道生乳ヨーグルト(2005年〜2008年)
右)CO・OP北海道生乳ヨーグルト(2008年〜2015年)

現在はカップの容量は1個80グラム。一般的なカップヨーグルトよりも1個あたり5〜10グラム多く入るサイズに。朝食時や小腹がすいた時、おやつとしても食後のデザート、リッチな気分になりたいときの自分へのごほうびとしても食べごたえ十分です。

10年の時を経て
「コープクオリティ」に仲間入り。

2005年の誕生以来、組合員さんの人気を獲得してきた「CO・OP北海道生乳ヨーグルト」は、2015年10月「コープクオリティ」に仲間入りしました。

「コープクオリティ」とは、次の3つの条件を満たした“おいしさにこだわった自信作シリーズ”です。

  1. ◯◯だからおいしい[原料や製造方法などおいしさの理由が明らか]
  2. ◯◯にこだわっている[他の商品との違いが明確]
  3. みんなのおいしい[100人規模の組合員モニターの8割以上がおいしいと評価]

このヨーグルトは、

  1. 生乳由来のクリーミーな味わいと、安定剤不使用だからできた口どけの良い仕上がり
  2. 生乳を配合したヨーグルトの中でも83%と多く、リッチな味わいがいつでも一人分から味わえるというところが魅力。
  3. 2015年1月に実施した組合員テストでは「酸味と甘さのバランスがちょうどよくスッキリ」「毎日食卓にのせても飽きない」「83%の生乳がとても濃い」といった声が集まり、約96%の組合員さんから「おいしい」と回答していただきました。

こうして「CO・OP北海道生乳ヨーグルト」は、2005年からロングセラー商品として愛され続けています。