ヒトとコトと

商品に携わる人と想い、伝えます。

自然循環農法を取り入れた黒富士農場の「リアルオーガニック卵」小さなたまごに込められたたくさんの「想い」、いただきます。自然循環農法を取り入れた黒富士農場の「リアルオーガニック卵」小さなたまごに込められたたくさんの「想い」、いただきます。

「つくる人・環境・地球にやさしい商品をお届けしたい」という想いから、環境に配慮して生産された有機農産物をお届けしているコープデリ。なかでも「毎日の食卓に欠かせないたまごは、できるだけオーガニックなものを選びたい」という組合員さんの声にお応えして、黒富士農場の「リアルオーガニック卵」の取り扱いをはじめました。鶏卵としては、日本で初めて有機JAS認証を取得した「リアルオーガニック卵」。「共存共栄の精神のもと、オーガニックに取り組むことは生き方そのもの」という生産者さんにお話を伺いました。

大自然の中で「平飼自然放牧」で鶏を育てています。

山梨県甲斐市、標高約1100mの山懐にある黒富士農場。豊かな自然が広がる山の斜面に、18棟の鶏舎が点在しています。「ここから富士山が見えなかったからこそ、この自然環境が残ったんです」と話すのは、黒富士農場代表取締役の向山洋平さん。山梨百名山の3000m級の山々に囲まれ、農場がある場所からは富士山が見えないため、観光開発されることなく、手付かずの自然が残りました。

手付かずの自然が残った標高約1100mの山懐にある黒富士農場

黒富士農場は1984年に、洋平さんの父で、現在は会長を務める向山茂徳さんが設立。その当時は、鶏舎内にすき間なくケージを積み上げる大量生産型の「ケージ飼い」をしていましたが、1989年に農場内の斜面を囲って、昔ながらの「平飼い」を試すことにしました。平飼いにすると、明らかに鶏の様子が変わり、とても穏やかになったと感じた茂徳さんは、1991年より本格的に「平飼自然放牧」を開始します。
放牧飼育で、のびのびと育っている鶏たちはとても人懐こくて、人の姿を見ると興味深そうに寄ってきます。毎朝、スタッフが放牧場の扉を開けると、鶏たちはいっせいに外へ。草を食んだり、日陰で休んだり、くぼみに入って砂浴びをしたり、自由に過ごす鶏たち。給餌器が回り始めると、餌を食べるためにいったん鶏舎に戻り、お腹がいっぱいになると再び外を駆け回り、夕方には鶏舎の中へ戻るというのんびりとした暮らしをしています。そこには、「鶏はモノではなく、生き物。心だってある。本当においしいたまごは心身ともに健康な鶏から産まれます。だからこそ、穏やかに育てて、おいしいたまごを産んでくれる環境を整えるのがわたしたちの仕事なんです」と話す、向山さん親子の想いがあります。

1991年より開始した「平飼自然放牧」

鶏に与える水も飼料も
人が安心して口にできるものを。

自然豊かな黒富士農場の敷地内には清らかな湧水が流れています。「この場所に農場を作った大きな理由のひとつは、この湧水です」と教えてくれたのは、向山家の次男で専務取締役の向山一輝さん。

(左)農場内を流れる天然湧水。この水をろ過して飲み水にしています、(右)農業生産法人黒富士農場 専務取締役 向山一輝さん

たまごにとって水はとても大切で、卵白の約89%は水分といわれています。「水道はこの近くまで来ているけれど、あえて水道水は使っていません」と一輝さん。自分たちが飲む飲み水、鶏たちに与える水もすべてこの湧水を使用しています。また、たまごの質は飼料でも大きく変わります。黒富士農場では、「非遺伝子組換え飼料」「発酵飼料」「有機栽培飼料」を採用。飼料の主原料は、有機栽培のトウモロコシと大豆。大豆はラオスから輸入したフェアトレードのもの、トウモロコシはアメリカの農場との飼料提携で仕入れていますが、今後、北イタリアのバローロ地区の有機トウモロコシに切り替え予定。すべて現地視察を行い、年に一度は有機JAS審査員を伴い、畑や作物の調査に訪れています。これらの飼料は、現地から日本に運び、国内の有機認定工場にて有機配合飼料として食べやすく粉砕。それを飼料として鶏たちに与えています。
さらに、そこに加えているのはオリジナルの「発酵飼料」。おからと米ぬかを主原料に、海藻粉末、アオサ、魚粉、かき殻、小豆煮皮飼料、ニンニク、クロレラなど約10種類の素材をブレンドし、約1週間かけて発酵させた飼料です。飼料を発酵させている施設内はまるで漬物工場のようないい匂い。「これらは、すべて人が口にしても安全なものばかり。食べても大丈夫ですよ」と一輝さん。この飼料を与えることによって、鶏の腸内環境が整い、健康な鶏が育ちます。ここにも黒富士農場の「おいしいたまごは健康で元気な鶏から」という信念が生かされています。

自然環境農法を取り入れ、
有機JAS認証も取得。

黒富士農場に行って驚くのは、養鶏場独特の臭いがほとんどしないこと。これは、自然循環法であるBMW技術を取り入れているからです。BMW技術とは、B=バクテリア M=ミネラル W=ウォーターの略で、岩石と腐葉土と水の力による自然浄化を基礎とする農法。特別な菌を用いるのではなく、土着の微生物の力を活性化させて、鶏糞などを活性堆肥に、汚水をミネラル分を多く含んだ生物活性水に転換して利用します。黒富士農場ではこのBMW技術で作ったBM活性堆肥を鶏舎内の床下に敷き込み、土代わりに活用。鶏舎内や鶏の飼育環境改善に役立てています。「BM活性堆肥が鶏糞を分解するため、鶏舎の床下が常に乾燥してさらさらした清潔な状態なので、ハエなどの害虫が発生しにくく、畜産独特のにおいも抑えられています」と一輝さん。1987年からBMW技術を導入し、鶏の飼育環境改善に取り組んできた黒富士農場では、2007年に有機JAS認定を取得。「取得に向けて動き出した2000年頃にはまだ、採卵鶏での有機JAS認証の仕組みさえできていなくて、うちの父は農林水産省と連携してその仕組みを作るところから取り組んだんです」と洋平さん。

農業生産法人黒富士農場 代表取締役 向山洋平さん

有機JASマークは、「その製品が『有機』の基準を満たしている」と国が認めたことを示すもの。鶏の食べるもの、飲むもの、暮らす場所、全てにおいて厳しい基準が設けられています。たとえば飼料は、非遺伝子組換えはもちろん、無農薬で育てられたものだけが有機飼料として認められます。また、有機JASの認証機関にも現地に同行してもらい3年間無農薬・無化学肥料で栽培されたという証明がないと有機認証はされません。「リアルオーガニック卵」には、毎年厳しい審査が行われ、合格したものだけに表示される有機JASマークがつけられています。

次世代の生産者達に誇れるような
魅力溢れる農業を行っていくこと。

黒富士農場は、日本で初めてのオーガニックの養鶏を始めた現会長の向山茂徳さんを筆頭に、代表取締役を務める長男の洋平さん、そして専務取締役を務める次男の一輝さんの二世代で経営を担っています。農家の高齢化や後継者不足が問題になり、世代交代がうまくいかない生産者が多い中、黒富士農場ではしっかりとその思想や経営が次の世代に受け継がれ、さらに広がりを見せています。「黒富士農場のオーガニックの取り組みに関しては父が最初は1500羽からはじめて、10年間ずっとやってきました。ビジネスにならなくても、生き方としてオーガニックに取り組む父の姿をずっと見てきました。それをしっかり受け継いで、農場のすべてをオーガニックにしていきたいという想いがあります」と洋平さんと一輝さん。

(左)代表取締役  向山洋平さん (中央)会長 向山茂徳さん (右)専務取締役 向山一輝さん

「ぼくらは父に憧れてこの世界に入った人間なので尊敬する人は誰か、と聞かれたら一番は父になります。技術をとことん追求する姿勢や考え方も学ばせてもらっています」と、声を揃えます。二人は今、「畑のプロジェクト」として自給用の飼料づくりに取り組んだり、動物福祉(アニマルウェルフェア)の普及に取り組むなど、その活動の幅を広げています。「今後私たちが目指すのは農業の分野から日本を明るくすること。そして次世代の生産者達に誇れるような魅力溢れる農業を行っていくことです」という若き後継者の二人。コープデリは、次世代の生産者、そして未来の農業を応援しています。